新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

南北首脳会談、ミサイル発射無しで確約へ!日本は蚊帳の外 「一切取り合うな」


4月27日に行われた南北首脳会談で、北朝鮮と韓国は予告や事前合意ナシのミサイル発射を見直す方向で確約しました。北朝鮮側は「もうたたき起こしません。私が確約します」との意見を伝え、韓国の文在寅大統領とミサイル発射の中止で合意したと報じられています。
核実験もほぼ中止が確定の方向となり、後は核兵器の処分等を巡って交渉する形になりそうです。

一方で、日本に関しては完全に蚊帳の外に置かれている状態で、安倍首相は何度も日朝首脳会談を希望する意向を北朝鮮に伝えましたが、北朝鮮側は「一切とりあうな」と担当者らに指示。
また、金正恩委員長は日本に対して「謝罪と賠償が先」と伝え、これらの対応が無ければ日朝首脳会談はやらないとしています。

今回の南北首脳会談に続いて米朝首脳会談が行われますが、完全に日本は圧力一辺倒の偏った外交によって、外交チャンスを失いつつあると言えるでしょう。

 

金正恩氏「もう起こしません」 ミサイル発射、今後ないと確約
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/243968

 【ソウル共同】「もうたたき起こしません。私が確約します」。27日午前の南北首脳会談で北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、昨年まで繰り返した弾道ミサイル発射のたびに韓国の文在寅大統領が未明や早朝から対応に追われたことを挙げ、今後はないと発言した。

「安倍政権は一切取り合うな」と平壌指示——北朝鮮問題で日本孤立浮き彫り
https://www.businessinsider.jp/post-166580

北朝鮮との日朝首脳会談の可能性を打診した安倍政権に対し、北朝鮮当局が「一切取り合うな」との指示を出していたことが明らかになった。
平壌の反応が明らかになったのは初めてで、4月27日の南北首脳会談と米朝首脳会談など、国際的対話の枠外に置かれる安倍政権は当面、北との対話の契機をつかめないまま孤立を深めることになる。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!