新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍政権推進の高度プロ制度に過労死遺族が猛反対!「自己責任扱い」「悲しい遺族を作らないで」


安倍政権が今月中にも強行採決を検討している働き方改革関連法案ですが、その中に含まれている「高度プロフェッショナル制度」について、過労死遺族から反対の声が相次いでいます。

5月16日に過労死遺族らが記者会見を開き、寺西代表は「過労死遺族は、裁判の中で大変な苦労をして、地獄のような苦しみを味わってきた。こうした悲しみ、苦しみを誰にも味わわせたくない」と述べ、過労死の拡大を防ぐべきだと主張。
今回の高度プロフェッショナル制度は死んでも自己責任で片付けられる可能性があるとして、「当事者の声を聞いて、これ以上、悲しい遺族を作らないでください」と強く訴えました。

また、高橋まつりさんの遺族からも「EUで導入されている勤務間インターバルは義務化するべき」との提案が出ており、今の政府案には断固反対すると言及しています。

NHKの世論調査でも働き方改革法案には反対の声が多く、このまま政府が強行採決をすれば、内閣へのダメージも大きくなるかもしれません。高度プロフェッショナル制度に反対している弁護団らは、5月19日に議員会館前で緊急行動を行う予定です。

 

「高プロ制」に過労死遺族が猛反対「死んでも自己責任扱い」「当事者の声を聞いて」
https://www.bengo4.com/c_5/n_7891/

衆議院で来週にも採決の可能性がある「働き方改革関連法案」。このうち、少なくとも「高度プロフェッショナル制度(高プロ制)」については過労死を増やすため、法案から削除すべきだとして、過労死遺族らが5月16日、厚労省記者クラブで会見を開いた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!