新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【騒然】有名ブロガーHagex氏を殺害、ブログの荒らし行為が原因か!?ネットに暴言の記録も


6月24日夜8時頃にインターネットセキュリティー関連会社「スプラウト」の社員・岡本顕一郎さん(41)が刺されて死亡する事件がネット上で物議を醸しています。

この事件で犯人として逮捕されたのは無職・松本英光容疑者(42)で、警察の取り調べに対して松本容疑者は「インターネット上(のやりとり)で恨んでいた」と供述。
岡本さんは「Hagex」の名前でブログを書いており、過去に松本容疑者とみられる人物が荒らし行為をしていると指摘していました。

過去の経緯から松本容疑者はブログのコメント上で、他のユーザーを「低能」などと煽っていた通称「低能先生」ではないかと予想されています。

あまりにも酷い荒らし行為に運営の「はてな」に報告もしていたようで、ブログを通して通報の効果を報告していました。

一方で、松本容疑者はこのような対応や制限に激怒し、今回の犯行に及んだと推測されているところです。ブログのコメント荒らし常習犯が批判されて逆ギレした事件である可能性が高く、ネット上では衝撃的な事件として話題になっています。

世の中には想像を超えるような頭のおかしい人が居るため、個人情報を特定されるような情報を書くのは物凄いリスキーがである事を示した事件だと言えるでしょう。
同時にネットと現実は同じ場所にあり、ネットのトラブルがリアルにも影響を及ぼすことを示しています。

 

ITセミナー講師殺害 特殊なナイフ用意 計画的か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180626/k10011495521000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

福岡市でIT関係のセミナーの講師がナイフで刺されて殺害された事件で、殺人などの疑いで逮捕された男が、狩猟などに使われる特殊なナイフを犯行に使っていたことが警察への取材でわかりました。講師と男と見られる人物はインターネット上でトラブルになっていて、警察は恨みを募らせた男が講師が福岡に来るのに合わせて凶器を用意し計画的に犯行に及んだと見て捜査しています。

hagexさんの痛ましい事件について
http://delete-all.hatenablog.com/entry/2018/06/25/181500

彼は僕に「ネットで絡まれるのには慣れている」と言っていたが、彼のいうネット上の絡みは、ネット上の誹謗中傷や訴訟などの法的な手段であって、凶器を使ったバイオレンスは想定してなかったと思われる(さもなければ無防備すぎるイベントはやらない)。それを油断というのはいささか酷というものだろう。この事件の犯人のように怒りの沸点が低かったり、恨みの基準が平均的な人間と異なる人物の行動を予想するのはひどく難しいからだ。彼は普通の感覚をもったナイスガイだった。普通の感覚をもつ人間が今回の犯人の行動は予測できない。どんなに強力な楯でも後ろからの攻撃に対しては無力なのだ。ただ、ネットウォッチャーの彼ならもっと出来たのではという思いはある。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!