新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【地震予測】千葉市で震度6の発生確率が85% 北海道の危険度が上昇!全国地震動予測地図2018年版


地震調査研究推進本部地震調査委員会は、6月26日に最新の「全国地震動予測地図 地図編 2018年版」を公表しました。

この地図は今後30年間で発生すると予測されている震度6以上の地震を地図で可視化したもので、昨年の地図と比較して今年は北海道東部の太平洋側で大きく確率が上昇していたのが特徴的です。
6月18日に発生した大阪北部地震は反映されていませんが、大阪付近の確率は2017年版の段階からかなり高い数字となっていました。

首都圏だと千葉県の数字が突出しており、千葉市の85%が最高の確率となっています。横浜市も82%と高く、首都圏の大地震は2050年までにほぼ確定的に発生すると予測されているところです。
巨大地震に関しては南海トラフ巨大地震だけではなく、北海道沖の千島海溝沿いでもマグニチュード8.8を超えるような巨大地震の恐れがあるとなっています。

沖縄の方も地震評価が見られ、北海道から沖縄の全てで大なり小なり大地震のリスクが潜んでいると言えるでしょう。

↓公表された全国地震動予測地図 地図編 2018年版
今後30年間に震度5弱以上の揺れに見舞われる確率

今後30年間に震度5強以上の揺れに見舞われる確率

今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

今後30年間に震度6強以上の揺れに見舞われる確率

↓過去の地図との変更点と解説

参考

地震調査研究推進本部
https://www.jishin.go.jp/evaluation/seismic_hazard_map/shm_report/shm_report_2018/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!