新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

イスラエル軍が今年最大規模の攻撃!ガザ地区を空爆、パレスチナは手製の風船爆弾やロケットで反撃


イスラエルとパレスチナの衝突が激化しています。トランプ大統領がエルサレムにアメリカ大使館を移転したのをキッカケにして、パレスチナ人の抗議運動が急増。
これに対してイスラエルは抗議運動を抑え込むために強引な手法でデモ隊をけん制し、7月13日にはイスラエル兵がパレスチナ人の若者2人を射殺しました。

この射殺に激怒したパレスチナのイスラム原理主義組織「ハマス」がロケット弾攻撃を行うも、イスラエル軍の報復攻撃を受けて大打撃を受けます。

7月14日のイスラエルによる空爆はガザ地区の40か所が対象となり、両国間が一時的な交戦状態となりました。事態を重く見たエジプトが仲介に乗り出した結果、今の時点では戦闘を停止する方向で調整作業が進んでいます。

ただ、根本的な問題の解決は出来ておらず、このままだと大規模な衝突になるのは時間の問題だと言えるでしょう。

 

イスラエル軍がガザ地区を空爆 緊張高まるも戦闘停止で合意
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180715/k10011534041000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003


イスラエル軍はガザ地区で大規模な空爆を行い、パレスチナ人の少年2人が死亡し、これに対し、ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスはロケット弾攻撃で反撃し、一時、軍事的な緊張が高まりました。

弱者の抵抗、風船攻撃 ガザから「発射」 被害3.5億円 イスラエル防空すり抜け、火災1000カ所
https://mainichi.jp/articles/20180716/ddm/007/030/153000c

 パレスチナ自治区ガザ東部のイスラエル領との境界付近で、イスラエルや米国に抗議するパレスチナ人とイスラエル軍の衝突が始まってから100日以上が過ぎた。パレスチナの若者は発火物をくくりつけた風船やたこで重火器に応戦し、火災を頻発させている。ローテク攻撃に業を煮やしたイスラエル軍は14日、ガザを実効支配するイスラム組織ハマスの施設を空爆、ハマスもロケット弾で反撃し大規模な衝突に発展した。【ガザ市(パレスチナ自治区ガザ地区)で高橋宗男】

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!