新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三首相、今日は完全休暇に!定例の閣議も無し!NHKは「6日から連日災害対応」と報道

*官邸
7月31日の今日は安倍晋三首相が全ての活動を止めて、総理大臣官邸には入らず休暇を取ることが分かりました。定例の閣議も開かれず、関係者からも「年末年始やお盆の時期などを除けば定例の閣議を取りやめるのは珍しい」というような声が飛び出ています。

菅官房長官は「政府は危機管理や災害対応などには万全を期している。そうした中で、総理に限らず休める時は休んだほうがいいと思っている」などと発言し、政府対応としては問題がないと強調していました。

ただ、安倍晋三首相はこの前の被災地訪問などで足の痛みを訴えていたことから、この休暇をキッカケに体調不良説も浮上しているところです。

一方で、NHKの報道記事には「安倍総理大臣は西日本を中心とした豪雨で大雨の特別警報が出された今月6日以降、豪雨や台風12号の対応に連日当たっていて、短い休暇をとり英気を養うことにしたものとみられます」というような記述があり、何故か安倍首相がずっと災害対応をしていたかのような表現になっていました。

実際の対応を見てみると、災害対策本部の設置が遅かった上に、7月6日時点だと大きな動きをしていなかった場面です。

 

安倍首相きょう休暇 閣議も開かれず
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180731/k10011556891000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

安倍総理大臣は西日本を中心とした豪雨や台風12号への対応に連日当たってきましたが31日、総理大臣官邸には入らず休暇を取ることにしていて、定例の閣議も開かれないことになりました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!