翁長知事の訃報、中国メディアも速報報道!与野党は知事選の動き 今月中に日程確定へ


8月8日に沖縄県の翁長知事が亡くなったことを受けて、与野党の動きが活発化しています。当初は11月中旬に予定されていた沖縄県知事選挙ですが、今回の死去によって近い内に前倒しで選挙が行われることになりました。

昨年の時点では翁長知事が再び出馬する可能性も言われていただけに、野党連合としては翁長知事のような強い基地反対派の候補者が必要不可欠になりそうです。

与党側としては一気に沖縄の野党陣営を崩すチャンスとして見ている可能性が高く、かなり本腰を入れて勝てる候補を擁立してくることになるでしょう。

翁長知事の訃報は中国メディアも大々的に報道しており、「安倍政権に立ち向かった地方のトップ」などと取り上げていました。沖縄の情勢はアメリカ軍にも影響があるだけに、今後の選挙戦の行方にも注目したいところです。
*公選法の規定により、知事の死去通知の日から50日以内に県知事選挙が行われることに。

 

沖縄の翁長知事が死去、中国でも速報=「安倍政権に立ち向かった」「福州市の栄誉市民」
http://news.livedoor.com/article/detail/15132173/

翁長氏はすい臓がんのため、入院先の病院で亡くなったという。67歳だった。中国メディアの環球網は沖縄タイムスの報道を引用する形で訃報を伝え、翁長氏について「安倍政権に立ち向かった地方のトップ」と紹介した。また、別の記事では翁長知事が中国福建省福州市から「栄誉市民」の称号を贈られていたことにも触れている。

翁長氏死去、政界からも悼む声 知事選へ与野党動き加速
https://www.asahi.com/articles/ASL886KSNL88UTFK00R.html?iref=sptop_8_02

政府・与党側は佐喜真淳宜野湾市長を擁立する方針で、自民党はすでに選挙対策本部職員を沖縄入りさせている。党関係者は「現地の態勢を整えるスピードをアップさせる」と語った。ただ、知事選は移設計画に反対の旗振り役だった翁長氏の「弔い合戦」の色合いが濃くなる可能性があり、官邸幹部は「無党派層の票の流れが読めない」と語り、行方は不透明だとみる。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)