新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【波紋】中央省庁が障害者雇用率を水増し、野党が閉会中審査を要求!「政府ぐるみの様相もある」


複数の中央省庁が障害者の雇用者数を水増ししていたとされている問題で、野党側が与党に対して閉会中審査を要求しました。

政府は「障害者雇用促進法」で一定割合以上の障害者の雇用を義務づけていますが、総務省や財務省、法務省、農林水産省、経済産業省、国土交通省などで障害者の雇用数で数千人規模の水増しが発覚。
本来は政府が守るべき規則を破っていたとして、野党は「政府が決めた基準を民間にはやるようにと奨励しながら、政府がごまかしをしていたということですから、二重三重に罪深いというように思っています」と猛批判しています。

今回の問題について自民党側は「真摯に検討し、努力したい」と述べただけで、厚生労働省の報告を待つとしていました。与党としては支持率にも影響が出る恐れがあるだけに、慎重な対応をしている感じだと言えるでしょう。

 

野党は閉会中審査を要求、障害者雇用水増し問題で

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3453144.htm?1534946709362

中央省庁などで法律で義務付けられた障害者の雇用の割合が長年にわたり水増しされていた問題をめぐり、立憲民主党の辻元国対委員長は21日、自民党の森山国対委員長に対して厚生労働委員会の閉会中審査を求めました。

障害者雇用率の水増し13府省庁は否定せず
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-08-22/2018082201_02_1.html

 中央省庁が長年にわたり障害者雇用率を水増ししてきた問題で、日本共産党などの野党は21日、国会内で合同ヒアリングを開き、各府省庁の担当者に障害者の雇用実態についてただしました。

 各府省庁の担当者は、事実関係について「厚労省からの依頼で精査中」と回答。雇用行政を所管する厚生労働省も「精査中」としましたが、いずれも障害者雇用率を水増しした可能性を否定しませんでした。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!