新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自民・杉田水脈議員のLGBT批判、新潮45が擁護!「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」

*杉田水脈
自民党の杉田水脈議員がLGBT(同性愛)を「生産性が無い」などと批判した問題で、月刊誌「新潮45」が杉田水脈議員を擁護するための論文を掲載する方向で検討していることが分かりました。
掲載されるのは月刊誌「新潮45」の10月号で、「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」というようなタイトルで掲載される予定だと発表されています。

月刊誌「新潮45」は前々から杉田水脈論文を掲載していた雑誌で、思想的にも編集部は杉田水脈議員と近い立場だと言われていました、
LGBT発言から杉田水脈議員への反発が強まっていたことから、その流れを変えるために「新潮45」が特集として擁護記事を掲載したのだと見られています。

ただ、杉田水脈議員のLGBT発言には世論の大多数が疑念を抱いており、この企画は火に油を注ぐ事態となりそうです。

 

杉田水脈氏への批判は「見当外れ」 新潮45が掲載へ
https://www.asahi.com/articles/ASL9J61VWL9JUCVL00M.html

自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が同性カップルを念頭に「生産性がない」などと主張した問題で、きっかけとなった寄稿を掲載した月刊誌「新潮45」が「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」とする企画を10月号で掲載することがわかった。寄稿をめぐっては、人権侵害などとして撤回を求める声や批判があがっていた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!