新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【インバウンド】自国への旅行者数、日本が伸び率で世界トップに!沖縄・京都・大阪が3位独占!


自国への旅行者数(インバウンド)で日本が世界トップクラスの伸び率になっていることが分かりました。

米マスターカードが発表した2018年度世界渡航先ランキングによると、上位10都市に東京がランクインとなり、急成長渡航先ランキングで沖縄・京都・大阪が1~3位を独占。
総合数でも伸び率だと日本は世界トップクラスとなっていました。

沖縄に至ってはこの8年間で14倍に急成長し、大阪の5倍など日本への外国人旅行者が急増していることを裏付ける結果になったと言えるでしょう。
ランキング全体でもアジアの都市が上位の半数以上を抑えており、アジアが世界においても重要な立場であることを示唆していると見ることが出来ます。

 

Mastercard 調査「2018 年度世界渡航先ランキング」 ランキングの半数がアジア太平洋の都市、東京は 8 位にランクイン
https://newsroom.mastercard.com/asia-pacific/ja/press-releases/mastercard-%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%80%8C2018-%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%B8%A1%E8%88%AA%E5%85%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%8D-%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3/

世界のインバウンド伸び率、沖縄・京都・大阪が上位3位まで独占
http://www.sankei.com/west/news/181009/wst1810090005-n1.html

急成長渡航先ランキングは、09年から17年にかけての渡航者の年平均成長率を示す数値だ。トップ10と、50位以内に入った日本の都市は次の通り。

1位:沖縄 39.2%

2位:京都 27.8%

3位:大阪 23.6%

4位:成都(=チェンドゥ、中国) 21.6%

5位:廈門(=アモイ、中国) 20.5%

6位:プーケット(タイ) 18.5%

7位:北海道 18.4%

8位:アブダビ(アラブ首長国連邦) 18.2%

9位:ハノイ(ベトナム) 17.7%

10位:コロンボ(スリランカ) 16.9%

11位:東京 16.3%

35位:千葉 8.5%

新たに調査地点に加わった沖縄、京都がいきなり1位、2位を占めた。

インバウンド
https://www.tourism.jp/tourism-database/glossary/inbound/

インバウンド(Inbound)とは、外国人が訪れてくる旅行のこと。日本へのインバウンドを訪日外国人旅行または訪日旅行という。これに対し、自国から外国へ出かける旅行をアウトバウンド(Outbound)または海外旅行という。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!