新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島原発事故、浪江町民が東電と国相手に全面対決へ!27日に集団提訴 東電が和解案を6回も拒否

*浪江町
福島原発事故の対応や慰謝料に問題があるとして、福島県浪江町の住民らが東電や国を相手取り、今月27日に提訴することが分かりました。

提訴まで踏み切った原因は浪江町民約1万5000人が申し立てた国の裁判外紛争解決手続き(原発ADR)が打ち切られたからで、ADRで示された和解案を尊重するとしていた東電が和解を拒否し続けたのは問題があるとして追加の慰謝料などを求めるとしています。

原発事故のADR打ち切りで集団訴訟となるのは全国初で、原告数は最大で2000人規模になる見通しです。
浪江町は昨年3月に帰還困難区域を除いて避難指示が解除されましたが、高い放射線量などから帰還する住民は少ないと報じられています。

東電が浪江町との和解案を拒否した回数は6回と多く、地元住民と東電の全面対決の模様になっているところです。

 

浪江町民 東電と国相手に27日に集団提訴
https://mainichi.jp/articles/20181119/k00/00m/040/060000c

 東京電力福島第1原発事故の慰謝料増額を求め、福島県浪江町民約1万5000人が申し立てた国の裁判外紛争解決手続き(原発ADR)が打ち切られた問題で、町民を支援する弁護団は18日、東電と国を相手取り、27日に福島地裁に提訴すると明らかにした。ADRで示された和解案を尊重するとしていた東電が、和解を拒否し続けた「期待権侵害」に対する慰謝料を新たに盛り込むとしている。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!