新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

「北方領土問題は直ぐに解決することはない」、日露首脳会談でプーチン大統領がけん制か


9月10日に日本の安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が首脳会談を行いましたが、そこで日本側に強いけん制の言葉を放つ場面がありました。

プーチン大統領は安倍晋三首相との会談中に「この問題は何十年にもわたって協議されてきており、速やかに解決されると考えるのはナイーブ(訳注 世間知らずの、考えが甘い、といった意味)というものだ」と述べ、北方領土問題は直ぐに動く可能性は低いと指摘。
今回の首脳会談で日ロ関係に「新たな弾み」がつくことは間違いないと強調しながらも、同時に北方領土問題の解決を急ぐ日本側に釘を刺しました。

NHKなどの記事だと、北方領土の経済開発に関する具体的な内容や進め方を示した「ロードマップ(行程表)」を承認したと報じられていますが、実際のやり取りを聞くとあまり大きな前進は無かったように感じると言えるでしょう。

 

北方領土問題の速やかな解決の可能性は低い、プーチン大統領
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000005-jij_afp-int

【AFP=時事】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は10日、極東のクリール諸島(Kuril Islands、北方領土を含む千島列島)における日本との領有権問題が速やかに解決する可能性は低いとの見解を示した。より楽観的な見通しを示していた日本側に冷水を浴びせるような形となった。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!