新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

韓国のレーダー照射問題、韓国政府の言い分は破綻!韓国からの謝罪なし レーダー照射の禁止は国家レベルの合意にも・・・


韓国軍の艦艇から自衛隊の哨戒機にレーダー照射があったとされる問題で、韓国政府は依然として謝罪対応をしていません。12月28日に防衛省はレーダー照射時の映像を公開し、日本側の主張が全面的に正しいと声明を出しました。

実際の映像を見てみると、穏やかな海で作業を行っている韓国軍の艦艇が映っており、自衛隊員が「レーダー照射を受けた」というようなやり取りをしていたことが分かります。

今回の件について韓国政府の説明は二転三転している状態で、天候に関しても韓国側は「荒れた天候で自衛隊機がよくわからなかった」などと言っていましたが、それも大嘘だったことがこれで確定したと言えるでしょう。
他にも不審な点が多く見られますが、最大の問題は国家レベルで禁止とされているレーダー照射行為をしたのに、依然として韓国側が謝罪も何もしていない点です。

本来ならば、韓国政府がレーダー照射を認めて、日本への謝罪と関係者の処罰をするべき事案となっています。そのような対応をせずに、嘘で嘘を塗り固めて日本の映像公開だけを批判している韓国の姿勢は主権国家として疑問があるところです。
日本政府は追加の資料や証拠を提示する用意があり、この問題は韓国政府が認めなければ長引くことになるかもしれません。

 

レーダー照射問題 哨戒機撮影の映像公開へ 防衛省
http://news.livedoor.com/article/detail/15803716/

 20日に問題が発生して以来、レーダーの照射があったかどうかについて、日本政府と韓国政府の間で平行線の議論が続いています。27日に防衛当局間のテレビ会議で、日本側は哨戒機が撮影した映像を提示しましたが、韓国側が「照射の証拠にならない」と反論したため公開に踏み切ることを決めました。日本政府は韓国側がレーダーを照射した事実を認めるまで、少しずつ証拠を提示したい考えです。

韓国国防相の更迭もありうるレーダー照射事件の報い
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181228-00055091-jbpressz-int&p=2

事件翌年の2014年4月22日、中国青島で開かれた西太平洋海軍シンポジウムには河野克俊海上幕僚長(現・統合幕僚長)ら21カ国の海軍首脳が出席したが、(1)レーダー照射、(2)砲身を向けた威嚇、(3)低空飛行による威嚇、の3項目の禁止で合意した。韓国海軍も出席している。この合意事項は、南シナ海における中国艦船の行動でも遵守されている。
その合意を今回の韓国駆逐艦は破ったことになり、艦長以下の処罰はもとより、国家を戦争の危機に直面させかねなかったという点で、鄭景斗国防相の更迭もありうる事態である。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!