新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

産経新聞の下書き原稿がブログに流出!産経新聞が誤報として謝罪、ブログ主は反発!自民党・神谷昇議員に関する記事


産経新聞の下書き原稿がネット上に流出したと話題になっています。流出したのは自民党・神谷昇議員の政治資金に関する記事で、産経新聞社は「事実ではない情報を流出させたことを重く受け止め、関係者に深くおわびします」として、下書き原稿を掲載したブログ主に削除を要請しました。

この記事を掲載したブログ主は「おいおいおいおい、これではまるで、私のブログがデマを書いているようではないか」「ここには、阪神氏が貰ったギャラの話などが、生々しく書かれており、証人もいる」「これについて、神谷昇(自民)衆議員も阪神氏も反論や説明は一切できていない」と反論し、産経新聞の削除要請には応じないとしています。

与党議員の政治資金問題と絡むネタだけに、産経新聞社が誤報として記事を削除しているのは非常に気になるところです。仮に問題の記事が事実だとすれば、産経新聞社が何らかの要請を受けて、意図的に記事を削除した可能性もあると考えられます。
記者として取材先に下書き原稿を漏らした行為も問題があり、記事の真偽がどちらにしても今回の行為は新聞社として失格レベルの不祥事です。

 

産経記者が下書き原稿提供=第三者ブログに掲載って、このブログのこと
https://ameblo.jp/takahira-masaaki/entry-12442973177.html

ここには、阪神氏が貰ったギャラの話などが、生々しく書かれており、証人もいる。
これについて、神谷昇(自民)衆議員も阪神氏も反論や説明は一切できていない。

それはそうだろう。
私は様々な録音や、証言を集めて、それらについてブログとしてアップし、公開で問うているのだから。

それでも私のブログを産経新聞社が「事実ではない情報」と強弁するなら、それについて、具体的に説明、反論すればよろしい。

しかし、2018年12月21日付で、私のもとに送付された、徳永潔・編集局社会部長からの「要求書」なる内容証明郵便についても、その「事実でないものと判断し」た内容などについては一切記されていない。

また、この元原稿自体は記者が「数日後には掲載します」として、記者のネタ元に渡したものであり、これがなぜ掲載されなくなったのかについては、そのネタ元にすら何ら説明はなされていない。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!