イギリス議会が再びEU離脱案を否決!賛成242・反対391 明日に交渉延期の採決、期限は3月29日


3月12日深夜(日本時間)にイギリス議会でEU(欧州連合)離脱案の採決が行われ、賛成242票・反対391票で否決となりました。メイ首相が提示したEU離脱案が否決されたのは二度目で、このままだと3月29日の期限に合意がないままEU離脱となる可能性が高いです。
今回の否決を受けて英下院は13日と14日に改めて採決を行い、離脱日の延期を英政府に求める見通しとなっています。

ただ、EU側が交渉の延期を受け入れるかは不透明で、フランスからは数兆円規模の脱退費用を求める意見などが飛び交っている状態です。EU側としても安易な妥協はEU離脱の連鎖を招く恐れがあるため、イギリス議会が満場一致になってもどう転ぶかは分かりません。

 

英下院、EU離脱協定案を再び否決
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00050169-yom-int

【ロンドン=緒方賢一】英下院(定数650)は12日夜(日本時間13日未明)、欧州連合(EU)から抜けるための条件を定めた離脱協定案の採決を行い、賛成242、反対391の反対多数で否決した。メイ首相が提案した協定案を下院が否決したのは1月に続いて2度目だ。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    5月23日から26日の欧州議会選挙で
    傲慢なトゥスク等、英国への強行硬勢のメンツがどうなるかだ。
    日本のメディアがトゥスク批判を表だってしないのがイヤラシイ。

  • 匿名 より:

    自国の経済が悪化したのはEUというグローバル化のせいだ! 離脱しろ!
    とか言ってた民衆がようやく現実を直視せざるを得ない状況になって離脱を考え直しているというのは見世物としては愉快だけど、経済を甘く見てる連中や簡単に予想できる弊害すらも考えられない人が多数派となってしまう状況の恐怖を改めて実感してしまうよね。
    この辺り英国離脱案を支持していた左派さん達の声が最近小さいけどどのように感じているのか聞いてみたい。
    (本来の意味で言えば右派が離脱・独立派な筈なんだけども)