新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

立民・枝野幸男代表が消費税減税に言及!時限的に消費税率5%への引き下げ 「消費喚起と生活支援を」


*立憲
立憲民主党の枝野幸男代表が消費税減税に言及しました。

NHKの記事によると、枝野代表はオンライン対談で「来年の通常国会で税制改正をやらないといけない。時限的な消費喚起と生活支援の効果は遅れたら意味がなくなる」と述べ、経済対策として消費税減税を早期に実施するべきだと発言。
消費税率の引き下げは時限的な内容で5%が望ましいとして、来年の通常国会で税制改正をするための法改正を行いたいとコメントしていました。

消費税減税を巡っては立憲民主党以外の野党各党も公約として掲げており、れいわ新選組などは選挙協力の条件として提示したこともあったと伝えられてます。

最大野党の立憲民主党が消費税減税に言及したのは大きく、今年の総選挙は減税を掲げる野党連合と緊急事態条項や憲法改正を目指す与党の対決構図となるかもしれません。

 

立民 枝野代表 来年の通常国会で消費減税の法改正を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210620/k10013093891000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

立憲民主党の枝野代表は、新型コロナウイルスの影響で国民生活が極めて厳しいとして、次の衆議院選挙で政権を獲得すれば、時限的な経済対策として、消費税率5%への引き下げを実現するため、来年の通常国会で必要な法改正を進めたいという考えを示しました。
枝野氏は、先の国会で、新型コロナウイルスの影響で国民生活は極めて厳しいとして、時限的な経済対策として消費税率5%への引き下げを目指す意向を明らかにしています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!