新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

大炎上した日本年金機構の「年金リアルガチでやばい」、キャッチコピーに委託費3000万円!


先日に批判を受けて削除された日本年金機構の「ガチヤバイ!?リアルガチでやばいかも!?ねんきんネットで確認だ」というようなキャッチコピーですが、このキャッチコピーに委託費3000万円を使っていたことが分かりました。

J-CASTニュースの記事によると、キャッチコピーはコンペで委託を決めた業者が提案し、それを日本年金機構が審査して採用したとのことです。委託費は調査費も含めて3000万円となり、今回の削除でこの3000万円が消し飛んだ計算になります。

ただですら、年金削減などで日本年金機構への不満が高まっていただけに、この騒動で多くの国民に火が付いた感じになっているところです。ネット上でも日本年金機構に対する不満や怒りの声が多数で、日本年金機構を養護する声はほぼありませんでした。
メディアの取材には謝罪のコメントを出しましたが、公式ホームページや公式ツイッターでは謝罪のコメントがなく、このような対応にも不満が高まっています。

 

【追記】委託費3000万円→1日で削除 「リアルガチでやばいかも」炎上の日本年金機構「お詫び申し上げたい」
https://www.j-cast.com/2019/03/15352766.html

(15日20時追記)日本年金機構広報室は取材に対し、「誤解を与える表現を用いたことはお詫び申し上げたい」と謝罪。
問題となったコピーは、コンペで委託を決めた業者が提案し、機構が採用したという。委託費は、事前の調査・分析などを含め全体で3000万円だった。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!