ヘッドライン

【驚愕】通り魔「ジャック・ザ・リッパー」、遂にDNA鑑定で正体が判明か!理髪師アーロン・コスミンスキー

*切り裂きジャック
1888年にイギリスのロンドンで歴史的な連続殺人事件を引き起こした殺人犯・切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)について、DNA鑑定で遂に正体が分かったと話題になっています。

これを取り上げたのは雑誌「女性自身」で、Journal of Forensic Sciencesに掲載された法医学調査報告を引用する形で「切り裂きジャックは当時23歳だったポーランド人理髪師アーロン・コスミンスキーであることがわかった」と掲載。
犯人特定のキッカケとなったのは4人目の犠牲者「キャサリン・エドウッズ」のそばに落ちていたショールに付着した体液だと報じられています。

この体液のDNA調査で容疑者の一人であったコスミンスキーのデータと合致し、更にはコスミンスキーの髪や目の色も住民の目撃情報と同じ茶色と判明したことで犯人特定となりました。

ただ、体液が付着していたショールが本当に事件現場にあったのか疑問があり、同時に調査したDNAも核DNAではなく、ミトコンドリアDNAということで調査結果には反対意見も飛び交っています。

結局のところ、今回の調査結果だけでは確定とは言えず、切り裂きジャックの謎は残ったままです。

 

切り裂きジャック、DNA解析でついに正体が判明
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5012812

1888年、英国ロンドンを恐怖のどん底に陥れた連続殺人犯“切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)”。今日に至るまで犯人はわかっておらず、世界で最も有名な未解決事件として知られていたが、DNAの解析により、ついに犯人の正体が明らかとなった。

Does a new genetic analysis finally reveal the identity of Jack the Ripper?
https://www.sciencemag.org/news/2019/03/does-new-genetic-analysis-finally-reveal-identity-jack-ripper

Forensic scientists say they have finally fingered the identity of Jack the Ripper, the notorious serial killer who terrorized the streets of London more than a century ago. Genetic tests published this week point to Aaron Kosminski, a 23-year-old Polish barber and a prime police suspect at the time. But critics say the evidence isn’t strong enough to declare this case closed.

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    記事とは無関係だが、最も謎の多い事件は
    1991年韓国、大邱で、5人の少年が失踪した、カエル少年失踪事件だろうな。
    2002年に5人の遺体が見つかり、2006年に時効が成立したが、犯人はもちろん、動機も(推理もできない)、その他全てが謎のままという事件。

  • 毛利のおっちゃんがんばれ~ より:

    ここは青山剛昌氏あたりが喜んで、題材に使うのかね? 「真実は常に1つ!」

  • 匿名 より:

    コミンスキーの職業は理髪師か。
    昔、刃物を扱い慣れていた理容師の中には簡単な外科手術を行なっていた者もおり、「床屋外科」と呼ばれていた。
    バーバーの青と赤の広告は、青=静脈、赤=動脈を表す。
    リッパージャック=コミンスキー説はなかなか説得力があるな。

  • 匿名 より:

    無関係と前置きしながら韓国の話題を持ちだす、
    好きだねぇ、
    そろそろ読むのに疲れてきた、
    付き合いきれない。

  • 匿名 より:

    匿名
    2019年3月20日 1:51 AM
    それで、どんな事件か知ってるの?
    かなり謎の多い事件なんだが。

  • 匿名 より:

    えー 関係無い事をコメントしないように迷惑です。

  • 匿名 より:

    周防監督(シャル•ウィー•ダンスの)の奥さんの草刈民代さんの「切り裂きジャック」公演は大変良かったです。この事件、芸術のネタとしては格好ですね。

  • 匿名 より:

    こういう結論みたいなものが出されてもあれこれと反論やら検証が出てくるのだから、不謹慎だけどもはや浪漫じゃないかな。

  • 匿名 より:

    2019年3月19日 11:00 PM
    >記事とは無関係だが、最も謎の多い事件は
    >1991年韓国、大邱で、5人の少年が失踪した、カエル少年失踪事件

    よくこんな嘘を平然とつけるもんだな。謎の多い事件なら他にも腐るほどあるわ。
    韓国への差別感情が根底にあるからこんな嘘をつけるんだろ

  • 匿名 より:

    2019年3月20日 11:44 AM
    差別、嘘もなにも、韓国では三大未解決事件の一つ。
    韓国では映画化もされている(映画『カエル少年失踪殺人事件』)失踪当時は韓国では国をあげて少年たちの捜索もされた、韓国ではまず知らない人のいない、謎とされてる事件なんだが。
    韓国だからすぐに差別というのもどうかな?
    「ジャック・ザ・リッパー」事件は犯人が謎で、歴史的に有名というだけなのかも。
    今となっては、旧ソ連の似たような事件のほうが、犯人は捕まったが、被害者も多く衝撃度はかなり大きい事件かもしれない。(ある映画の元にもなった知られた事件、ここでは事件名書かないが)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next