新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【重大発表】ブラックホールの撮影に初成功!一般相対性理論を証明、謎のジェット噴出も!人類史上初の大快挙


光すらも吸い込む巨大ブラックホールの撮影に世界で初めて成功しました。ブラックホールの撮影に成功したのは、日本も参加している国際研究チームです。

4月10日夜に日米欧などでつくる研究グループが世界6か所で同時に会見し、人類史上初の大快挙として詳しい内容を緊急報告しています。撮影したブラックホールは、地球から5500万光年離れたおとめ座の「M87」と呼ばれる銀河の中心部です。
ブラックホールは猛烈な重力で、光を含めてあらゆる物質を吸い込む天体として知られていました。

その特性から今まで観測が出来ませんでしたが、世界6か所の電波望遠鏡をつなぐことで、口径がおよそ1万キロという地球サイズの巨大な望遠鏡を構築。人間の目のおよそ300万倍という解像度で撮影に成功しました。
観測したブラックホールでは周辺のガスがリング状に輝き、中心が影のように暗くなっていることが確認されています。

アインシュタインが発表した「一般相対性理論」を改めて証明したと言え、宇宙分野を超えて、人類全体の科学的な認識や進歩にも影響を与えそうです。

ただ、同時に光も吸い込まれるブラックホールの内部から吹き出している謎のジェット噴出現象が確認され、このジェット噴出現象が新たな謎として浮上しています。ブラックホールの解明は宇宙誕生の謎を調べるための手掛かりにもなり、今後の続報にも期待が高まっているところです。

 

世界初 ブラックホールの輪郭撮影に成功
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190410/k10011879971000.html

極めて強い重力で光も吸い込む天体、ブラックホールの輪郭を撮影することに世界で初めて成功したと日本などの国際研究グループが発表し、画像を公開しました。世界各地の電波望遠鏡をつないで地球サイズの巨大な望遠鏡を構築したことによる成果で、ブラックホールの存在を直接示すものだとして世界的に注目されています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!