ヘッドライン

マイクロソフトとソニーがAI&クラウド型ゲーム開発で提携へ!Googleに対抗!ライバル同士の提携に世界が驚き!

*ソニー&マイクロソフト
日本のソニーがアメリカのマイクロソフトとクラウドサービスを中心に業務提携すると発表しました。
提携する分野はクラウドサービスや人工知能(AI)分野で、この提携にはGoogleが先日に発表した次世代ゲーム機「STADIA(ステイディア)」の存在があると報じられています。

「STADIA(ステイディア)」は従来のゲーム機とは全く異なるコンセプトで作られたゲーム機で、本体を必要としない「クラウドストリーミング型」のゲームプラットフォームとなっているのです。

いわゆるYouTubeのようなネット配信に仕組みが近く、Googleの保有している世界規模のサーバーを利用する形で、パソコンからスマートフォンまであらゆる機器で次世代ゲームを楽しめるというサービスになっています。
Googleが販売するのはクラウドサービスにアクセスするために必要となるコントローラーだけとなっており、正に夢のゲーム機とも言えるようなスペックです。

マイクロソフトとソニーはGoogleのゲーム分野参入に強い警戒感を示していたことから、今回の提携はGoogleに対抗するための連合という意味合いが強いと言えるでしょう。今までお互いに争っていたライバル同士だけに、ネット上でもソニーとマイクロソフトの業務提携には驚きの声が相次いでいます。

 

ソニーとマイクロソフト クラウド型ゲームで提携
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44911890W9A510C1MM8000/

ソニーは米マイクロソフトとクラウドサービスや人工知能(AI)分野で提携する。ゲームソフトをネット配信するクラウドサービスで共同開発に乗り出し、同分野に参入する米グーグルなどに対抗する。ゲーム産業の競争軸がクラウドに移るなか、従来型のゲーム専用機で競合するライバルが手を組む。


●以下、ネットの反応

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next