新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【歴史的瞬間】NYダウ株価が史上最高値を更新! 一時2万7000ドル超まで跳ね上がる!急騰は暴落の前兆?


アメリカのNYダウ株価が史上最高値を更新しました。
アメリカのFRB(連邦準備制度理事会)が利下げに言及したことで7月11日のニューヨーク市場は跳ね上がり、一時的に初めて2万7000ドルを突破。そのまま高値で取引を終えて、現在も高止まり状態が続いています。
雇用統計の改善や米中貿易戦争の緩和が株価急騰の背景にあり、「今後も3万を目指して株価の上昇が続く」と予想している経済アナリストが居るほどに上昇が強いです。

ただ、今年は12年ぶりに景気後退を暗示している逆イールド現象が発生し、FRBの利下げも長期的には株価の下落要因になると見られています。目先は株価の上昇傾向が続くかもしれませんが、長期だと株価暴落が到来しても不思議ではないと言えるでしょう。

 

リアルタイムNYダウ株価
https://nikkei225jp.com/nasdaq/

アングル:景気後退を暗示「逆イールド」とは何か、12年ぶり発生
https://jp.reuters.com/article/yeild-curve-idJPKCN1R60EO

●逆イールドとは何か
めったにないことだが、イールドカーブの一部あるいは全てにおいて右肩上がりではなくなることで、短期金利が長期金利より高くなった場合に起きる。これを「逆イールド」と呼ぶ。
22日、3カ月物と10年物の利回りが2007年以来約12年ぶりに逆転した。
イールドカーブはしばらくの間、全体的にフラット化していた。昨年12月にはイールドカーブの短期ゾーンから中期ゾーンにかけて約10年ぶりに逆転現象が起きていた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!