ヘッドライン

トランプ大統領が報復攻撃を示唆、サウジの原油施設攻撃で激怒!完全復旧は数週間か 「検証次第で臨戦態勢」


サウジアラビアの石油関連施設が攻撃を受けた事件について、アメリカのトランプ大統領がコメントを発表しました。
トランプ大統領は自身のツイッターで「われわれは検証作業次第で対抗措置に出る準備ができているが、誰が攻撃を仕掛けたのかについてサウジアラビア政府の見解を待っている」と述べ、臨戦態勢や報復措置を視野に入れていると言及。
イランの存在を示唆した上で、サウジアラビア政府の見解発表を待つとしています。

今回の攻撃でサウジアラビア最大規模の石油施設が損傷し、サウジアラビアは原油生産量の半分にあたる日量およそ570万バレルの生産が出来なくなりました。海外メディアの検証だと完全復旧に数週間ほどの時間が必要になると見られ、この影響で世界中の石油価格も跳ね上がっています。

現時点でイエメンの反政府武装組織が犯行声明を出していますが、この組織はイランからの支援を受けていると言われ、イエメンがサウジアラビアからの空爆攻撃を受け続けた報復として、サウジアラビアの原油施設を狙ったと見られているところです。

 

サウジ石油施設攻撃 米「イラン関与か」 緊張高まるおそれ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190916/k10012084081000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

サウジアラビアで、東部のアブカイクなどの石油関連施設が攻撃され、爆発した事件について、トランプ大統領は、ツイッターに「攻撃を仕掛けた犯人をわれわれは知っていると信じる理由がある」と投稿しました。

サウジアラビア 石油生産完全復旧は数週間かかる可能性も
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190916/k10012083961000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

サウジアラビアの世界最大規模の石油関連施設などが攻撃を受け、原油の生産量が半減している問題で、欧米メディアは生産能力が完全に復旧するには数週間程度かかる可能性があると伝えています。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    まずサウジがイエメン攻撃を止めるべき。
    ボルトン解任で平和を望む風を装ったが、本音はやっぱりネオコンに押されて戦争したいトランプだった。

  • 匿名 より:

    ついこの前、ホルムズ海峡で「怪しい」タンカー攻撃があったばかりじゃないの。
    あれもイラン犯行説をとったのはアメリカとイギリスだけで、ドイツなどはっきり
    「疑わしい」と言ってた。
    また同じことの繰り返しか。あの時「イラン犯行説」を強行に唱えていたのは
    ポンペオだが、今度はこの男を解任して欲しいよ。

  • 匿名 より:

    「イラクが大量破壊兵器を隠し持っている」
    てのもウソだったよね。

  • 匿名 より:

    イランが支援しているから
    イランが関わっていると
    やっぱり石油が欲しいアメリカは変わっていない
    ますますイラン戦が高まってきた
    モービル株上がるかね

  • 匿名 より:

    〜略〜
    イエメンへの軍事介入はサウジアラビアを疲弊させ、財政の悪化は深刻になっている。支配層の内部で対立が深刻化、2017年10月にジッダの宮殿近くで、また18年4月にリヤドの王宮近くで銃撃戦があったと言われている。その間、2017年11月には大規模な粛清があり、48時間で約1300名が逮捕され、その中には少なからぬ王子や閣僚が含まれていた。サウジアラビアの現政権は決して安定していない。アメリカやイスラエルが支えているはずだが、いつまで持つかは不明。フーシ派はさらなる攻撃を予告している。(櫻井ジャーナルより引用)

  • ロハスな人 より:

     サウジアラビアの軍事費は約694億ドル(2017年)で世界第三位です。(GDP比約10%)しかし、イランやイラクからのミサイルやドローンに対してまともに石油施設を守れませんでした。
     日本の自衛隊も軍事費はどんどん増えてますが、軍事音痴の安倍政権下に於いて、むしろ弱体化しているのではないかという話も…。
    (※経済アナリスト藤原直哉氏ツイッターより)
    ○『 サウジは国防がイランとの戦争に十分でないことを知っている。
    米国から高い武器を多数買い込んで陳列すれば国が守れると思ったら大まちがい。サウジは世界第3位の軍事支出。』
    ○『 ロシアのプーチン大統領、サウジアラビアに、我々の防空システムはあなたを守れる。トルコやイランのように』
    ○『 サウジ攻撃はイランのフゼスタンからミサイル、イラク西部からドローン合わせて17機。うち12機命中。
    ずいぶん長い距離だよ。イラク西部って、バグダッドの西の巨大な米軍基地のさらに西側。米サウジの防空網はお手上げというわけだね。』
    ○『 トランプ大統領、サウジ石油施設攻撃への対応は急がない』
    ○『 サウジにも防空軍と称するものがあって、米国製の武器を陳列しているが、いざとなると役には立たない。』

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next