新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

元農水次官・熊澤英昭氏の長男殺害、懲役6年の実刑判決に 英昭氏に同情する声も 元次官も行政を信用せず?

*東京地方裁判所
農林水産省の元事務次官・熊澤英昭被告(76)が自宅で長男を包丁で刺して殺害した事件について、東京地方裁判所は懲役6年の実刑判決を言い渡しました。

この事件は2019年6月に東京・練馬区の自宅で、熊澤被告が長男の英一郎さん(44)を包丁で刺して殺害した事件です。英一郎さんは家に引き篭もり状態となっていたと報じられており、人気ゲーム「ドラゴンクエスト」などで「ステラ神」を名乗って活動していました。
知る人ぞ知る人物だったようで、ゲーム上でもトラブルを度々引き起こしていたとの記録が残っています。

報道記事によると、熊澤被告は裁判所で川崎市で児童らが殺傷された事件にも言及し、「(引きこもっていた)息子と犯人の境遇が似ていて、危惧した」などと殺害の動機を語っていたとのことです。
他にも日常的な家庭内暴力があったとして、最終的にはこのような手段を使うしか無かったとしています。

ただ、東京地方裁判所は「被告の供述は信用性に乏しく、ほぼ一方的に攻撃を加えたと認められ、強固な殺意に基づく危険な犯行だ。主治医や警察に相談できたのに相談することなく、同居してわずか1週間で殺害を決意して実行した経緯には短絡的な面がある」と指摘した上で、懲役6年を言い渡した形です。

熊澤被告は行政や警察に相談しなかった理由について、「全く相談する気はなかった。親子関係が悪化するだけで良いことはない」と語っており、この点が判決の重要な部分になったと見られています。

ネット上ではこの事件に関する様々な反応が飛び交っている状態で、熊澤被告に同情を示す意見から、殺人行為は論外だとして批判する声、更には元事務次官でも行政が信用できない状態だと疑問を投げ掛ける声まで賛否両論でした。
色々な条件が重なって発生した悲劇的な事件ですが、ある意味で日本社会の闇を示す事件だと言えるでしょう。

 

長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙
https://mainichi.jp/articles/20191212/k00/00m/040/264000c

 東京都練馬区の自宅で今年6月、当時44歳の同居の長男を刺殺したとして殺人罪に問われた元農林水産事務次官の熊沢英昭被告(76)は12日、東京地裁(中山大行裁判長)で開かれた裁判員裁判の被告人質問で、5月に川崎市で児童らが殺傷された事件に触れ、「(引きこもっていた)息子と犯人の境遇が似ていて、危惧した」と事件を起こした動機の一端を述べた。

元農水次官 懲役6年の実刑判決「供述は信用性 乏しい」裁判長
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191216/k10012216871000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

農林水産省の元事務次官が長男を殺害した罪に問われた事件の判決で、東京地方裁判所は「『長男に殺されるという恐怖から刺した』とする被告の供述は信用性に乏しい」などとして、懲役6年を言い渡しました。

 


情報速報ドットコムの最新記事が届きます!