新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島第一原発の排気筒切断、来年5月上旬頃に延期 相次ぐトラブルで!


東京電力が会見で福島第一原発の進捗状況を発表し、その中で排気筒の切断工事を延期すると発表。

具体的には2020年3月末には終了とする予定だった工事を見直し、工事完了の時期を5月上旬頃に変更するとしています。原子力規制委員会に報告した上で今月中にも排気筒の切断工事は再開となる予定です。

排気筒の切断工事では機械を動かすための遠隔操作が止まるなどのトラブルが多発していました。中には司令用の車両が勝手に動き出して、転落寸前となった事故もあり、東電が作業延期を決めた形です。

この排気筒は福島第一原発1号機と2号機が共用で使っていた場所で、排気筒の根本部分からは非常に高い放射線を検出していました。場所によっては致死量レベルの放射線が検出されているほどで、排気筒の中に溜まった雨水が地中に漏れていたことも問題視されています。

排気筒の工事の様子

 

福島第一原発の排気筒の解体 完了時期を延期 来年5月上旬に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191216/k10012216401000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

東京電力は、福島第一原子力発電所で進めている高さ120メートルの排気筒の解体について、トラブルが相次いだことから、来年3月末までに終えるとしていた完了時期を延ばし、来年5月上旬ごろとする方針を固めました。東京電力は原子力規制委員会に報告したうえで、今月中の切断再開を目指す考えです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!