新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

韓国五輪委、放射能懸念で独自の食事を提供へ 都内の別ホテルと契約 「放射能汚染の懸念が払拭されてない」

*大韓体育会
2020年東京オリンピックについて、韓国が食事の放射能汚染を懸念し、独自に都内のホテルをレンタルして対応することが分かりました。

大韓体育会(韓国オリンピック委員会)の李起興(イ・ギフン)会長は新年のインタビュー記事の中で、「昨年末に東京を訪問し、五輪期間中、わが国の選手団の食事をサポートする支援センターとの契約を終えた」と述べ、選手村とは別に独自のホテルと契約したと発表。

韓国が独自に契約したホテルでは、韓国から空輸された食材を使って選手団の食事を24時間体制でサポートし、五輪を観戦する関連団体の関係者もこのホテルを利用する予定です。

韓国だと日本の放射能汚染への懸念が高まっており、昨年も日本の食品輸入を巡ってWTO(世界貿易機関)訴訟騒動になっていました。特に福島や近隣の県に対する不信感が根強く、韓国の輸入規制は今も続いています。

 

韓国五輪委 東京のホテル借り切り選手に食事提供へ=放射能懸念で
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191230002300882

【ソウル聯合ニュース【ソウル聯合ニュース】大韓体育会(韓国オリンピック委員会)の李起興(イ・ギフン)会長は2日、聯合ニュースとの新年のインタビューで、「昨年末に東京を訪問し、五輪期間中、わが国の選手団の食事をサポートする支援センターとの契約を終えた」と明らかにした。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!