新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

アイヌ施策推進法のパブコメ、民族否定コメントが非公開に!98%がアイヌ民族否定 異常な状態と判断

アイヌ
政府が2019年夏に行ったアイヌ民族関連法案のパブリックコメント(意見公募)で、差別的なコメントが殺到したことから公開が中止になりました。

公開が中止となったのは「アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律施行令」のパブリックコメントで、北海道新聞の記事だと、集まったパブリックコメントの98%が公表の対象外になったとのことです。
パブリックコメントでは原則として「案に関しない意見」は公開されず、今回の事例だと法案の中身を指摘するコメントよりも、アイヌ民族そのものを否定する意見が殺到したことから見直しの対象が拡大。

実際に集まったパブリックコメントの中には、「アイヌ民族は存在してない」「アイヌは先住民族ではない」「アイヌへの差別なんて無かった」というような意見があったと発表されています。
いわゆるヘイトスピーチ(憎悪表現)に繋がるようなコメントも見られ、行政として大半の非公開を決めた形です。

ただ、ネット上では「全てのコメントを公開するべき」「良くも悪くも民意なので見てみたい」との意見が多くあり、非公開方針に疑問を投げ掛ける声が相次いでいました。

 

「アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律施行令(案)」に関する意見募集について
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060110424&Mode=0

パブコメ98%公表せず アイヌ新法方針案 大半が差別表現
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/384359

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!