新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

大会組織委員会の幹部「強行突破だ」「ウイルスとの勝負に勝って、成功させれば日本人は歴史に名を残せる」


東京オリンピックの大会組織委員会の幹部がテレビ番組の取材で語ったコメント内容が物議を醸しています。

問題となっているのは23日に放送されたテレビ番組「真相報道バンキシャ!」が、新型コロナウイルスについて関係者のコメントを紹介した場面です。

取材に応じた大会組織委員会の幹部は「もう、賽は投げられたから突き進むしかない。イチかバチかかもしれないが、このウイルスとの勝負に勝って、大会を成功させれば我々日本人は歴史に名を残せることになるじゃないか」と述べ、東京オリンピックは強行突破するしか無いと強調。
東京オリンピックが中止になったら経済損失は膨大な数字になるとして、東京オリンピックを止める選択肢はないとしていました。

ただ、番組のコメンテーターとして参加していた高橋央医師からは、「仮に日本で収束(ピークアウト)が出来たとしても、海外で継続感染が続いている可能性もある。五輪がキッカケで感染再拡大となった場合、責任は取れるのか」と疑問の声があり、番組中で大会組織委員会の姿勢にツッコミの声もあったところです。

現時点で森会長や安倍首相を含めて、政府は東京オリンピックを予定通りに実施する方向で動いていますが、強行突破で開催が出来たとしても色々と不安しか無いと言えます。

 

新型コロナ、五輪開催に向けた見えない圧力
https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18777?page=2

 23日放送の日本テレビ系列「真相報道バンキシャ!」では新型コロナウイルスの感染拡大を受けても大会組織委員会の幹部が「強行突破だ」と言い切っていることが伝えられ、波紋を広げている。こうした理解不能なことを口にする大会組織委員会の関係者は実際に少なくない。つい先日も同じセクションに携わる人物が大真面目に次のようなワケの分からないアジテーションを唱えていた。

「君たちは東京五輪を開催中止にしたら、どれだけの経済損失が出るか分かっているのか。そんなことよりも、どうやって大会を成功させるか。それを考えることが日本のマスコミの責務のはずだ。もう、賽は投げられたから突き進むしかない。イチかバチかかもしれないが、このウイルスとの勝負に勝って、大会を成功させれば我々日本人は歴史に名を残せることになるじゃないか」

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!