ヘッドライン

新型コロナに感染したレアル・マドリードの元会長が死去 公式サイトで発表

入力不要(ここは表示されません)

世界的な知名度があるスペインの「レアル・マドリード」で会長を務めていたロレンソ・サンス氏が死去しました。

レアル・マドリードの公式サイトは3月21日付で死去の報告を掲載し、その中で「アル・マドリードC.F.、クラブ会長および取締役会は、1995年から2000年までレアル・マドリードの会長を務めたロレンソ・サンスの死に深い悲しみを表します」とコメント。
ロレンソ・サンス氏に哀悼の意を示すと同時に、亡くなったことを世界に通知しています。

ロレンソ・サンス氏は先日に新型コロナウイルスの感染が確認され、集中治療室で治療を受けている最中だと報じられていました。
新型コロナウイルスに感染する前からロレンソ・サンス氏には基礎疾患があり、それが新型コロナウイルスで一気に悪化したと見られています。

 

公式声明:ロレンソ・サンス死去に関して
https://www.realmadrid.com/ja/news/2020/03/21/official-announcement-lorenzo-sanz-has-passed-away

レアル・マドリードC.F.、クラブ会長および取締役会は、1995年から2000年までレアル・マドリードの会長を務めたロレンソ・サンスの死に深い悲しみを表します。
同様に妻マリ・ルス、息子のロレンソ、フランシスコ、フェルナンド、マリ・ルス(マルラ)、ディアナ、そして家族と友人に深い哀悼の意と愛情を表します。また全マドリディスモとこの悲しみを分かち合います。

新コロナ感染のレアル・マドリードの元会長死去 76歳
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200322/k10012343771000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

サッカー、スペイン1部リーグのレアル・マドリードで会長を務めたロレンソ・サンス氏が21日、76歳で亡くなりました。地元メディアなどによりますと、サンス氏は新型コロナウイルスに感染していたということです。
サッカー、スペイン1部リーグのレアル・マドリードは21日、公式ウェブサイトでロレンソ・サンス元会長が亡くなったと発表しました。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

入力不要(ここは表示されません)

\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next