新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京閉鎖を警戒して帰省の動き!青森県では帰省した女性から陽性反応 「帰省は控えて」との呼び掛けも

新型コロナウイルスの感染者が増大していることから、東京の閉鎖を警戒して、地元に帰省する動きが強まっています。

東京・新宿の高速バスターミナルには荷物を抱えた人達が列を作り、続々と週末に移動を開始。新幹線のような鉄道も地方行きはそこそこに乗っている人が見られ、東京から地方に避難する動きが各地で確認されています。

このような動きは全国各地に新型コロナウイルスを広げてしまう恐れがあることから、非常に危険な行為だと言えるでしょう。

実際に東京在住の30代女性が青森県八戸市に帰省したところ、その後の検査で新型コロナウイルスの感染が発覚した事例が報告されています。新型コロナウイルスの恐ろしい点は発熱や咳などの症状が無い状態でも周囲に感染を広げる部分であり、表向きは健康的でも「感染してないから大丈夫」と思い込むのは非常に危険なのです。

帰省を控えるように呼び掛ける声もありますが、依然として多くの人達には届いていない状態となっています。
安易な帰省を止めるためにも政府は「都市閉鎖」を実施するべきで、今直ぐに地方と都心を繋ぐ交通機関は止めなければいけません。

 

東京在住の30代女性 帰省先の青森 八戸で感染確認 新型コロナ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200329/k10012355891000.html

青森県は、東京に住む30代の会社員の女性1人が、帰省先の八戸市で新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと発表しました。青森県内で感染が確認されたのは7人となりました。
青森県と八戸市によりますと、新型コロナウイルスへの感染が新たに確認されたのは、八戸市の実家に帰省していた東京に住む30代の会社員の女性1人です。

夜行バスに若者次々 「東京出られなくなる」―週末控え、予定早め帰省・新型コロナ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032800174&g=soc

首都圏の自治体などが外出自粛を要請した週末を前日に控えた27日夜、東京・新宿の高速バスターミナル「バスタ新宿」では、荷物を抱えたマスク姿の若者らが次々と夜行バスに乗り込んでいた。「東京から出られなくなるかも」。新型コロナウイルスの都内での感染者が急増する中、帰省の予定を早めた人もいた。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!