新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナウイルス、肥満に重症化リスク 重症患者の3分の1が糖尿病 アメリカCDCが報告書で指摘!


肥満だと新型コロナウイルスの感染時に重症化するリスクが高いとの報告書が出ました。

アメリカCDC(疾病予防管理センター)が重症化した新型コロナウイルスの感染者を調査したところ、集中治療室(ICU)に運び込まれた患者の32%が持病として糖尿病を持っていることが判明。
その他の基礎疾患についても慢性肺疾患が21%、心血管疾患が29%となり、肥満に関連する基礎疾患で全体的に高い数値が並んでいました。

CDCは肥満と重症化に関係性が見られるとして、糖尿病や慢性肺疾患、心疾患などの基礎疾患を持った人を対象にして強く注意を促しています。

アメリカの肥満率を見てみると、高度肥満と判定された人の割合は全米で18%と高く、日本とは段違いに肥満が多いです。
アメリカで新型コロナウイルスの感染者数や犠牲者が急増している背景には、アメリカの国民病である肥満が大きな影響を与えている可能性が高いと言え、日本においても太り気味の人は特に注意した方が良いかもしれません。

 

Morbidity and Mortality Weekly Report (MMWR)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/69/wr/mm6915e3.htm?s_cid=mm6915e3_e

Since SARS-CoV-2, the novel coronavirus that causes coronavirus disease 2019 (COVID-19), was first detected in December 2019 (1), approximately 1.3 million cases have been reported worldwide (2), including approximately 330,000 in the United States (3). To conduct population-based surveillance for laboratory-confirmed COVID-19–associated hospitalizations in the United States, the COVID-19–Associated Hospitalization Surveillance Network (COVID-NET) was created using the existing infrastructure of the Influenza Hospitalization Surveillance Network (FluSurv-NET) (4) and the Respiratory Syncytial Virus Hospitalization Surveillance Network (RSV-NET). This report presents age-stratified COVID-19–associated hospitalization rates for patients admitted during March 1–28, 2020, and clinical data on patients admitted during March 1–30, 2020, the first month of U.S. surveillance. Among 1,482 patients hospitalized with COVID-19, 74.5% were aged ≥50 years, and 54.4% were male. The hospitalization rate among patients identified through COVID-NET during this 4-week period was 4.6 per 100,000 population. Rates were highest (13.8) among adults aged ≥65 years. Among 178 (12%) adult patients with data on underlying conditions as of March 30, 2020, 89.3% had one or more underlying conditions; the most common were hypertension (49.7%), obesity (48.3%), chronic lung disease (34.6%), diabetes mellitus (28.3%), and cardiovascular disease (27.8%).

新型コロナの重症化リスク、肥満要因が鮮明に
https://news.yahoo.co.jp/byline/inosehijiri/20200412-00172864/

新型コロナウイルスの重症患者に肥満症患者が多いことが欧米各国の医療現場からの報告で次第に明らかになってきた。肥満症患者は普通の人に比べて免疫力が低いため、感染や重症化のリスクが高い可能性をもともと指摘されてきたが、データや治療に当たる医師らの証言で裏付けられた格好だ。肥満人口は世界的に増大しており、新型コロナの被害が各国で深刻化する一因となっている可能性もある。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!