新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

国会でアベノマスク疑惑、野党がユースビオを追及!答弁でシマトレーディング社も浮上!住所はもぬけの殻


4月28日の国会で野党がアベノマスクを受注した業者について厳しく追及を行いました。
野党が強く指摘をしたのは政府が最後まで名前の公開を拒んでいた福島市の商社「ユースビオ」です。

立憲民主党の大串博志議員がマスク発注の流れを政府に質問したところ、加藤勝信厚労相が「輸出入をするもうひとつの会社と一緒になって契約額が5・2億円で、輸出入についてはその会社が担っていたと聞いております」と発言。
ユースビオだけで全てのマスク受注を行ったわけではないと答弁し、第5の会社として輸入代行のシマトレーディング社があると明らかにしました。

質問した大串議員も困惑する場面が見られ、突然の新たな会社名に国会は騒然となります。

加藤厚労相の話だとユースビオは布マスクの材料の調達や調整作業を行い、シマトレーディングは生産の輸出入を担当していたみたいです。

この答弁の後に市民メディアの関係者が実際にシマトレーディング社の住所を訪問するも、住所の場所には民家と思われる一軒家があるだけで中は「もぬけの殻」でした。
政府はマスク業者を選んだ基準に関しても、「政府で広く声をかけ、経産省主体でやった」と答弁するだけで、利害関係などは無かったと強調しています。

与党関係者のダミーカンパニー説も浮上しているアベノマスク疑惑ですが、国会の追及で謎が解明されるどころか、もっと深まったと言えるでしょう。

 

布マスク受注商社、「5億円で随意契約」 経産省が選定
https://www.asahi.com/articles/ASN4X5751N4XUTFK01Q.html

 立憲民主党の大串博志氏は28日の衆院予算委員会で、政府が全戸に配布している布マスクを着けて質問に立った。妊婦や介護施設向けなどの布マスクを受注した福島市の商社「ユースビオ」を取り上げ、発注した金額をただした。加藤勝信厚生労働相は「この会社と、輸入の関係の会社も、一緒くたの契約になっている」と説明した上で、「5・2億円」と明かした。契約の時期や形態について加藤氏は「3月16日に予備費で契約した。緊急随契(随意契約)」と答弁した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!