新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

9月入学で小学0年生が浮上!小学校を6.5年間に変更、4月から8月は0学生 専門家からは反発


新型コロナウイルスの影響で授業時間が確保できていないことから、新たな案として小学ゼロ年生を導入する案が浮上していることが分かりました。

これはフジテレビが関係者からの独自取材として報道した情報で、9月入学とセットの形で小学ゼロ年生を導入し、小学校の教育期間を6.5年間に変更。
2021年3月に幼稚園などを卒園した子供は4月から8月にかけて、新たな学年となる「ゼロ年生」として学校生活を送り、9月から1年生になるとしています。

ただ、教育課程や教科書、教員の授業時間などの問題で課題が多く、専門家からは「9月入学はリスクがある」「慎重にやらなければ教育制度が壊れてしまう」というような懸念の声が相次いでいるところです。

海外では9月入学の国が多数派となっており、日本もこれと合わせて交換留学などの交流を活発化させるべきとの意見があります。海外と日本で入学時期を合わせることで交流面のメリットが生まれるとする意見ですが、どっちにしても変える時期とタイミングで、授業時間や子供の教育面に大きな影響が出ることは避けられないです。

 

【独自】小学ゼロ年生の新案判明 小学校は6.5年
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200520-00143990-fnn-soci

現在、導入が検討されている「9月入学」について、文部科学省が検討する複数の移行案の1つに、「小学ゼロ年生」を導入し、小学校を6.5年間とする案があることがわかった。
この案では、直近の例で説明すると、2014年4月2日から2015年4月1日生まれの現在の年長クラスに加え、現在の年中クラスのうち、2015年4月2日から6月1日生まれの2カ月分の子どもが新入生の対象となる。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!