新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ドイツが一部地域を再びロックダウン(都市封鎖)、食肉工場の集団感染で!感染速度も増加の気配


ドイツ北西部ギュータースローの食肉処理場で新型コロナウイルスの集団感染が発覚したことから、ドイツ政府はギュータースロー郡と隣接するヴァーレンドルフ郡で再びロックダウン(都市封鎖)を実施すると発表しました。

集団感染が起きたのはウェストファーレン州にある最大規模の食肉工場で、少なくとも1500人以上が新型コロナウイルスに感染。
食肉工場経由から街にも感染が拡大している恐れがあるとして、ウェストファーレン州のラシェット首相は6月30日までの短期的なロックダウンを行うと表明しました。

映画館や博物館、ジム、プールなどの施設は全て閉鎖となり、ピクニックやバーベキューも禁止となります。

ドイツでは感染者数が増え出している傾向が見られ、新型コロナウイルスの感染者1人が新たに何人に感染させるかを示す「実効再生産数」が6月21日に2.88となり、前日の1.79から大幅に増えていました。
南北アメリカ大陸を中心に世界各地で新型コロナウイルスの感染者はまだ減る気配がなく、これらの情報は一度感染が収束したとしても油断が出来ないことを示しています。

 

ドイツ西部の一部地域が再びロックダウン 食肉工場で新型コロナ集団感染
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/06/post-93763.php

ドイツ西部ノルトライン・ウェストファーレン州のラシェット首相は、食肉工場で新型コロナウイルスの集団感染が確認されたギュータースロー郡と隣接するヴァーレンドルフ郡について、ロックダウン(都市封鎖)を再導入すると発表した。封鎖は30日まで続く。

ドイツで新型コロナ感染ペース加速の兆し、「再生産数」が上昇
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-germany-idJPKBN23T00V

[フランクフルト 21日 ロイター] – ドイツ政府の国立感染症研究機関であるロベルト・コッホ研究所(RKI)によると、新型コロナウイルスの感染者1人が新たに何人に感染させるかを示す「実効再生産数」が21日に2.88と前日の1.79を大幅に上回った。長期的なウイルス封じ込めに必要な水準を超えて感染者が増加していることを示す。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!