新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島沖のシロメバルから自主基準超の放射性物質!静岡産のアンズタケから150ベクレル、群馬の熊も500ベクレル


福島原発事故から8年が経過していますが、依然として基準値を超える放射性物質が食品から検出されています。

福島沖では今月水揚げされたシロメバルから県漁連の自主基準を超える放射性物質が検出され、県漁連は出荷を自粛すると発表。検出された放射性物質はセシウム137が1キログラムあたり53ベクレルとなっています。
福島のシロメバルは去年4月に国の出荷制限が解除されましたが、試験的な漁の対象となって以降、自主基準を上回ったのは今回が初。

また、厚生労働省の食品検査でも、静岡県産のアンズタケから国の安全基準値(100ベクレル)を超える150ベクレルの放射性物質を検出しています。さらには群馬県のツキノワグマ肉から500ベクレル、イノシシ肉からも130ベクレルと放射性物質の検出が相次ぎました。
福島原発事故によって西は静岡県の山脈地帯、北は岩手北部付近まで放射性物質が飛び散っており、これらの検査結果からも今も放射性物質が消えてないことが分かります。

 

シロメバル自主基準超放射性物質
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20191024/6050007585.html

福島県沖で行われている試験的な漁で、今月水揚げされたシロメバルから県漁連の自主基準を超える放射性物質が検出され、県漁連は、今後の調査で自主基準を継続して下回ることが確認されるまで、出荷を自粛することにしています。

食品中の放射性物質の検査結果について  (1151報)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_07115.html

東京電力福島原子力発電所事故を踏まえて自治体等において行われている食品中の放射性物質の検査結果について、別添のとおり取りまとめましたので、公表します。
1 自治体の検査結果
北海道、札幌市、青森県、岩手県、宮城県、山形県、茨城県、宇都宮市、群馬県、埼玉県、さいたま市、千葉市、東京都、文京区、神奈川県、横浜市、新潟県、静岡県、浜松市、京都府、大阪市、松山市
※ 基準値超過(10件)
NO.3845 静岡県産 アンズタケ(Cs:150 Bq/kg)
NO.4166 群馬県産 ツキノワグマ肉(Cs:170 Bq/kg)
NO.4168 群馬県産 ツキノワグマ肉(Cs:190 Bq/kg)
NO.4189 群馬県産 イノシシ肉(Cs:130 Bq/kg)
NO.4192 群馬県産 ツキノワグマ肉(Cs:160 Bq/kg)
NO.4195 群馬県産 ツキノワグマ肉(Cs:110 Bq/kg)
NO.4207 群馬県産 イノシシ肉(Cs:110 Bq/kg)
NO.4217 群馬県産 ツキノワグマ肉(Cs:250 Bq/kg)
NO.4220 群馬県産 ツキノワグマ肉(Cs:500 Bq/kg)
NO.4655 宮城県産 ツキノワグマ肉(Cs:130 Bq/kg)

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!