新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

中国で香港国家安全維持法案を可決と報道!香港でのデモ運動も全て規制か 「一国二制度が完全に形骸化」


中国の全人代(全国人民代表大会)の常任委員会で香港の反政府運動を厳しく規制するための「香港国家安全維持法案」が可決されたと報じられています。

NHKによると、6月30日に北京で開かれた全人代の常務委員会で香港国家安全維持法案の採決が行われ、賛成多数で法案の可決が決まったとのことです。
この香港国家安全維持法案では香港の治安維持に関して細かく定められており、香港に中国の治安機関を設けることを定めています。

今まで香港当局に任せていた治安維持活動に中国が直接関わる形となる見通しで、一国二制度の終焉に繋がるとの批判が殺到。香港の各地で大規模な抗議運動が起きていますが、このまま予定通りに来月から香港国家安全維持法案は施行されることになりそうです。

 

香港国家安全維持法案可決 中国全人代常務委 香港メディア
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200630/k10012488881000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

香港での反政府的な動きを取り締まる「香港国家安全維持法案」が、中国の全人代=全国人民代表大会の常務委員会で可決されたと香港の複数のメディアが伝えました。香港が中国に返還されてから23年になる1日にも施行されるという公算が高く、香港の高度な自治を認めた「一国二制度」を完全に形骸化させるとして懸念が広がっています。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!