新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

国家公務員の夏ボーナス、今年もアップで平均68万円に!国民からは「多すぎ」「おかしいだろ」と批判が相次ぐ


国家公務員に夏のボーナスが支給され、平均支給額が昨年よりもアップして約68万円となったことが分かりました。

NHKによると、今年の夏のボーナスは管理職を除いた平均支給額で68万100円となり、去年と比べて1000円ほどの増加になったとのことです。
国家公務員のボーナスは8年連続のアップで、かなり高い水準で安定している状態が続いています。

この数字について国民からは「民間と比べて多い」「今年のアップはおかしいだろ」「評価性にするべき」などと批判や疑念の声が相次ぎ、国家公務員のボーナスは民間企業と連動させるべきとの声が多く見られました。
安倍政権になってから消費増税があっても延々とアップし続けていただけに、この路線は今後も維持となりそうです。

 

国家公務員に夏のボーナス 平均支給額は8年連続の増加
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200630/k10012488781000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

国家公務員に、30日、夏のボーナスが支給され、管理職を除く平均支給額は、およそ68万100円で、去年よりおよそ1000円増えて、8年連続の増加となりました。
内閣人事局によりますと、国家公務員のことしの夏のボーナスは、管理職を除く平均支給額が、およそ68万100円で、去年と比べておよそ1000円、率にして0.1%ほど増えました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!