新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

筑後川の氾濫、満潮時刻は10時頃に!広範囲が浸水する恐れも!住民「市街地方面にも濁流」「まるで津波」


7月7日午前8時半ごろに氾濫した筑後川の影響で、被害情報が錯綜しています。

氾濫したのは大分県の日田市付近となっており、10時の時点で大分県日田市以外にも福岡県の久留米市や小郡市、朝倉市、うきは市、大刀洗町などが浸水の被害想定エリアとして発表されていました。
既に河川から溢れた大量の水が周辺の集落に流れ込んでいる状態で、まるで津波のような濁流が市街地の大通りを埋め尽くしています。

筑後川は九州最大級の一級河川であり、昭和28年(1953年)の大氾濫では45万棟の家屋が浸水被害を受けました。
満潮時刻が午前10時7分頃となっていることから、更に被害が拡大する可能性が高いと予想され、筑後川の流域から離れた場所に住んでいる人も注意が必要です。

↓筑後川の様子

 

筑後川 大分 日田で氾濫が発生 厳重な警戒呼びかけ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200707/k10012500641000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

国土交通省と福岡管区気象台によりますと、この大雨で大分県や福岡県を流れる筑後川は大分県日田市で氾濫が発生し、国土交通省と気象台は午前8時35分、「氾濫発生情報」を発表しました。
警戒レベル5にあたる情報で、周辺自治体の住民に対し、自治体からの避難情報を確認するとともに、安全確保をはかるよう厳重な警戒を呼びかけています。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!