新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【注意】来週まで大雨が継続へ 気象庁長官も困惑 異例の13日連続降雨 「これほどの長期は記憶に無い」


来週まで全国各地で梅雨の天気が続くことが分かりました。

気象庁によると、大型の梅雨前線が依然として本州付近に停滞している影響で、週末も九州から東北にかけて広い範囲が大雨になる可能性が高いとのことです。
この大雨は週明け頃まで続くと見られ、本格的な梅雨明けは来週以降になると予想されています。

特に九州南部は本州の南側に停滞している梅雨前線によって、しばらくは強い雨が局地的に続くことになりそうです。

7月3日から降り続けている雨は通算で13日連続となり、異例の長期豪雨に気象庁の関田康雄長官も記者会見で「(これほど長期間の停滞は)記憶にない」と発言。気象庁の予想を遥かに超える規模だとして、西日本を中心に引き続き大雨や土砂災害に警戒するように呼び掛けています。

 

気象庁 天気情報
https://www.jma.go.jp/jp/week/

梅雨前線「これほどの長期停滞、記憶にない」…気象庁長官、降雨13日連続
https://news.yahoo.co.jp/articles/e9b677cbc8db187bec55d69462f9617836b10bf0

九州を中心に各地に記録的な大雨をもたらした梅雨前線は、15日も本州の南海上に停滞し、全国的に雨や曇りとなった。雨は3日から13日連続と異例の長さとなり、2年前の西日本豪雨の11日間を超えた。気象庁の関田康雄長官は定例記者会見で「(これほど長期間の停滞は)記憶にない」との認識を示した。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!