新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

西之島で大規模な噴火を撮影!火口上空1700メートルまで噴煙上昇、真っ赤な溶岩で赤く染まる


小笠原諸島の西之島で大規模な火山活動が続いています。

気象庁は7月15日に西之島で撮影した新たな画像などを公開し、7月になっても火山活動が活発化していると伝えました。
公開された画像を見てみると、真っ赤な溶岩が高さ200メートル付近まで吹き上がっており、溶岩に覆い尽くされた山が赤く染まっている様子が鮮明に写っています。

大量の溶岩はしばらくすると冷えて固まり、新たな陸地として徐々に拡大。現在進行系で西之島の面積が拡大している状態で、このまま西之島が成長すると日本の領海も拡大するかもしれないと言われているほどです。

気象庁は山頂火口から2.5キロの範囲で、大きな噴石や溶岩流に警戒するよう呼び掛け、今も西之島の周囲で航行しないように制限しています。

 

気象庁 西之島の活発な噴火活動について
https://www.jma.go.jp/jma/press/2007/15b/nishinoshima_200715.pdf

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!