新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

横浜市の来年度予算、コロナで970億円不足となる見通し!不況で税収が大幅減 林文子市長「厳しい予算編成」


*横浜市
横浜市が来年度の税収見通しを発表し、このままだと970億円ほどの税源不足になると明らかにしました。

横浜市によると、令和3年度は市税収入だけで約460億円の大幅な減収が見込まれ、予定されている予算案に対する収支不足額は970億円に達するとのことです。

現段階では新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金は含まれていませんが、合わせて社会保障経費の増加や公共施設の保全・更新費などで、市の財政はもっと厳しくなる見通しだと発表されています。

横浜市は報告書の中で、「全職員が市政を取り巻く現状や当面の収支不足額はもとより、今後到来するさらに厳しい財政状況をしっかりと考え、今から、事業一つひとつについて効果や効率性を客観的なデータ等に基づき見極め、徹底した事業見直しを遂行し、『選択と集中』による歳出の重点化を強力に進めていかなければなりません」と述べ、全職員が自覚をもって効率的な対応を行う必要があると強調していました。

対策として事業の大幅な見直しを視野に入れて、外郭団体等への財政支援の変更を含め、従来の予算のあり方を変更することを考えていると報告しています。
横浜市以外の自治体でも同じように予算が切迫している状況で、新型コロナウイルスをキッカケにして、来年度は大幅な予算削減が行われることになりそうです。

 

令和3年度の予算編成について
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/zaisei/jokyo/yosan/r3/r3.files/0162_20200901.pdf

横浜市 コロナで税収大幅減 来年度970億円財源不足の見通し
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200904/k10012599161000.html

横浜市は、新型コロナウイルスの影響で来年度の税収が大幅に落ち込み、今のままではおよそ970億円の財源不足になるという見通しを発表しました。市は、歳出を減らすために事業の見直しを進めていくことにしています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!