新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

7割の事業所で違法行為、外国人技能実習生に時給400円のケースも!月100時間の残業や安全管理不足など 厚生労働省


発展途上国の人材が日本で技術などを学びながら働くことが出来るとしている「外国人技能実習制度」で、違法な労働行為をさせている事業所が全体の7割に及んでいることが分かりました。

これは厚生労働省の調査から発覚し、NHKがまとめて記事にした情報です。
それによると、外国人技能実習生が働いている全国の9455事業所に立ち入り調査を行った結果、労働基準法などの違反が確認されたのは6796の事業所で、全体の71.9%に達していたとのこと。
中には時給400円で残業などをさせている事業者や、1ヶ月で100時間以上の残業をさせているケースもあったと報告されています。

種類別では時間外労働が21.5%で、安全管理などに関する違反が20.9%、賃金の未払いが16.3%となっていました。

国外でも日本の外国人技能実習制度は問題視されており、海外メディアからは「現代版の奴隷制度」とも批判を受けています。
ここまで酷くなった理由の1つに、外国人労働者の拡大政策を推進している国が違法問題を真剣に取り締まらなかった部分もあると言われ、国が本気で方針を変えなければ、この問題は続くことになりそうです。

 

外国人技能実習生が働く事業所 7割超で違反 厚労省まとめ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201024/k10012678381000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

外国人技能実習生などから相談や通報を受けて、労働基準監督署が実習生が働く全国の事業所に去年、立ち入り調査を行った結果、7割を超える事業所で違法な時間外労働や残業代の未払いなどの違反が確認されたことが厚生労働省のまとめで分かりました。
企業などで日本の技術を学びながら働く外国人技能実習生は、去年12月の時点で全国でおよそ41万人に上っています。

外国人技能実習制度について
https://www.otit.go.jp/files/user/docs/201021-13.pdf

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!