新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

IPSの山中伸弥教授が危機感 「即座に強力な対策を」「自治体トップが動いて」「このまま終わるとは思えない」


京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授がメディア取材に応じて、新型コロナウイルスへの強い危機感を語りました。

ANNのインタビュー記事によると、山中教授は日本の状況について、「(欧米は)大変な状況です。同じウイルスです。日本だけこのまま終わるとは思えない」と述べ、もっと強力な政府対応が必要だと指摘。
政府の緊急事態宣言を待たずに、自治体トップがドンドン動くべきだとして、「東京や大阪では自宅待機であったり、今、要請でも良いですから、できることがたくさんあると思う。トップの方がそういう強いメッセージを出されるとかなり影響がある」とコメントしていました

山中教授は新型コロナウイルスの情報発信サイトを解説しており、そこでも素早い政府対応が必要だと言及しています。
具体的には新型コロナウイルス専用の隔離施設設置や病院外での検査充実、PCR検査の徹底、厳密な自宅待機、一斉休校、非必須の経済活動停止、厳格な旅行出張制限、雇用保障、給与支援などを組み合わせた緊急対策案となっています。

日本政府の動きが遅いことから山中教授が独自に情報発信を強化している形だと言え、新型コロナウイルスをキッカケにして山中教授の発言に再び注目が集まっているところです。

 

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信
https://www.covid19-yamanaka.com/index.html

 

関連過去記事

IPSの山中伸弥教授「感染者専用施設の設置と徹底的なPCR検査を!」「セットなら医療崩壊は回避できる」
https://johosokuhou.com/2020/03/31/28493/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!