新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自民党の二階幹事長「案里氏への1億5000万円、決定した責任者は党総裁および幹事長だ」


*二階幹事長
かつて自民党議員で公職選挙法違反の罪で有罪判決となった河井案里氏について、二階幹事長が再び意味深な発言を行いました。

朝日新聞によると、5月24日の記者会見で二階幹事長は河井夫妻に提供された自民党本部の1億5000万円に関して、「決定をした責任者は党総裁および幹事長だ」と発言。
5月17日の記者会見では「関わってない」と繰り返していた二階幹事長ですが、今回の記者会見で当時の幹事長と党総裁が判断に関与していたと認めるコメントをしました。

ただし、自民党の見解として、「個別の誰が、とかそういうことではない」「党務全般に関しては幹事長が責任を持っているということだ」とも弁明し、あくまでも党全体の判断で河井夫妻に1億5000万円の支出を決定したものだと強調しています。

この1億5000万円を巡っては自民党の広島県連から「二階幹事長は無責任極まりない」などと批判の声が噴出しており、自民党内部の意見も割れていました。

二階幹事長としては自民党内部の反発を抑える狙いがあるのだと思われますが、責任の所在を認めたことで野党の追及は強まることになりそうです。

 

二階氏「(責任者は)総裁と幹事長」 1億5千万円問題
https://www.asahi.com/articles/ASP5S6RTXP5SUTFK01F.html

2019年の参院選広島選挙区をめぐり、自民党の公認候補だった河井案里氏=公職選挙法違反の罪で有罪判決が確定、自民を離党=側に党本部が提供した1億5千万円の支出について、自民の二階俊博幹事長は24日の記者会見で「決定をした責任者は誰か」と問われ、「党総裁および幹事長だ」と述べた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!