新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

中国の原子力発電で放射線漏れか!?「周辺地域の放射線量が高まっている」とCNN報道 フランスの原子炉製造会社が会見


*CNN
アメリカの大手メディア「CNN」が中国の原子力発電所で放射性物質が漏れていると報道しました。

CNNの記事によると、放射能物質が漏れていたのは中国広東省台山市の台山原発で、原子力発電所のメンテナンスを行っているフランスの企業「フラマトム」はアメリカ政府に放射性物質の漏えいを懸念する書簡を送ったとのことです。
6月14日にフラマトムの親会社フランス電力(EDF)は「原子炉格納容器内で希ガスの濃度が上昇しているとの通知を受けた」と発表し、中国側も当局の規制に従って放射性物質を外部に放出したと見られています。

その後の記者会見で「事故ではない」とのコメントがフランス電力から発表されましたが、新たな原発事故ではないかとして、世界中で騒ぎとなっているところです。

 

中国原発で放射線漏れか 米報道、ガス放出と仏電力
https://nordot.app/777156390648250368?c=39550187727945729

【広州、パリ共同】米CNNテレビは14日、中国広東省台山市の台山原発から放射性物質漏れが起き、周辺地域の放射線量が高まっていると、建設と運転に協力するフランスの原子炉製造会社「フラマトム」が訴えていると報じた。問題解決のためにバイデン米政権に技術協力を求めているという。
フランスメディアによると、フラマトムの親会社フランス電力は、原発を運営する合弁企業が放射性希ガスを大気中に放出したと明らかにした。中国当局の規制範囲内だとしている。

“中国の原発 放射性物質放出も事故ではない” 仏大手電力会社
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210615/k10013085231000.html

アメリカのメディアが中国南部の原子力発電所で「漏えいがあり放射性物質の脅威がある」と報じたことを受け、事業に参加するフランスの大手電力会社が会見し、原発からガス状の放射性物質が放出されたものの中国の規制にしたがっており、事故ではないという認識を示しました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!