新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

23歳女性、コロナワクチン接種後に副反応で難病スチル病になったと告白 SNSでの発言に騒然 「ワクチンは難病を引き金に」


23歳の女性が新型コロナウイルスのワクチン接種後に難病を発症したと伝えた内容が注目を集めています。

この女性は自身のツイッターで、「5月20日に1回目のワクチンを打ちました。私は打つまえから謎の蕁麻疹がありワクチン前にも受診して問診でも同意にチェックは入れませんでした。ですが、医師は大丈夫大丈夫となにも保証なく軽い気持ちで打たれました。打ってから一ヵ月38.0の高熱が続き、39.4まであがったこともありました」と述べ、5月20日にワクチンを接種してから体調不良の症状が続いているとコメント。

その後も体調不良が続いたことから複数の医療機関で検査を受けたところ、「成人スチル病と診断された」と報告しています。
成人スチル病は難病であり、最後に「ワクチンは難病を引き金にするんです」とも書いていました。

一連のツイートは2200回以上もリツイートされ、専門家や政治家の方も反応しているほどに物議を醸しています。
新型コロナウイルス用のワクチンの副反応に対する対応があまりにも軽視されているとして、ツイートした女性は「打つ前蕁麻疹はあっても日常生活は送れてましたしフルタイムでは働けてました。ワクチンを打ってからその日に副作用が出てなかなか治らず1ヵ月ぶり返していました。原因と表していいのか引き金と言っていいのか言葉の表し方って難しいですね」と訴えていました。

新型コロナウイルスの副反応はまだ分からない部分が多く、国内だとワクチン接種後に死亡した事例も多数報告されています。
厚生労働省は「ワクチン接種との因果関係は不明」として曖昧な見解を示していますが、このままだと今回と同じように副反応で苦しむ人が増えることになるかもしれません。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!