新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

行方不明だったウガンダ選手、三重県で保護 そのまま帰国へ 日本に難民申請の意向も 「日本で働きたい」


*ウガンダ
先日から行方不明となっていたウガンダ選手を7月20日に三重県で保護し、母国への送還に向けて準備作業が本格化しています。

捕まったのは東京オリンピックに出場予定だったウガンダの代表選手団に所属しているジュリアス・セチトレコ選手(20)で、「生活の苦しい国には戻らず、日本で仕事をしたい」などとメモを残して逃亡。
それから三重県四日市の警察署で保護され、本人は日本への難民申請を要望していましたが、そのままウガンダ大使館か選手団に引き渡されることになるとのことです。
ウガンダ側は帰国させる方針を示していることから、難民申請を出せるかどうかはわかっていません。

日本国内だとこのウガンダ選手に同情的な声も多く、「難民申請が出たら受け入れては?」「日本の労働も楽ではないがいいと思う」というようなコメントが散見されました。

一方で、ウガンダ選手の受け入れに否定的な意見も見られ、難民申請の扱いを巡って世論は賛否両論となっています。

 

ウガンダ選手 難民申請したい意向示す 大使館は「帰国させる」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210721/k10013151471000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

東京オリンピックの事前合宿で滞在していた大阪のホテルからいなくなり、20日に三重県内で見つかったウガンダの選手は、21日、警察に付き添われてウガンダ大使館のある東京都内に移動しました。
大使館は「きょうにも帰国させる」としていて、関係者が対応を協議しています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!