新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ワクチンのデマ情報、約5割が「テレビ報道で聞いた」と回答!ネット超えて最多に!世論調査


ワクチンのデマ情報について世論調査を行ったところ、デマ情報を知ったキッカケの最多がテレビ報道だったことが分かりました。

これは公益財団法人「新聞通信調査会」が行った世論調査で、全国の18歳上を対象にしてメディアに関する意見を集めたところ、新型コロナウイルスワクチンの不確かな情報に触れた人が最も多いとして回答した媒体は「テレビ報道」が48.3%で最多を記録。
インターネットよりも多くの人がテレビ報道を回答したとして、結果的にテレビ報道がデマ情報を拡散しているのではないかと物議を醸しています。

具体的にはNHKテレビが49.5%で、ヤフーなどのポータルサイトが31.4%となり、新聞は地方紙の23.7%と全国紙の23.1%で大きく割れていました。
日本は諸外国と比べてもテレビ報道を重視している人数が多いですが、改めてテレビ報道が強い影響力を持っていることを示した結果だと見ることが出来そうです。

 

ワクチンデマ見聞き5割超 コロナ有益情報、民放1位
https://nordot.app/832346807165386752?c=39546741839462401

公益財団法人「新聞通信調査会」は13日、全国の18歳以上を対象にしたメディアに関する世論調査の結果を公表した。新型コロナウイルスワクチンに関し、不確かな情報やデマと思われる情報を「見聞きしたことがある」と答えた人が55.5%に上った。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!