新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

維新議員25人の文書通信交通滞在費、64%が自身の政治団体に寄付され使途不明と判明!1億8000万円分と朝日新聞


*日本維新の会
日本維新の会が国会議員に支給されている月100万円の「文書通信交通滞在費(文通費)」を問題視していますが、これについて朝日新聞が過去に独自調査をしたところ、総額の半数以上が議員本人の政治団体に寄付されていることが判明しました。

これは2017年12月に報道された朝日新聞の記事に書いてあった情報です。
その記事には朝日新聞の調査として、「16年分の維新の衆参両院議員25人(前職を含む)の使途報告書を朝日新聞が分析した。その結果、前年からの繰り越しを含む総額2億8千万円のうち、64%にあたる1億8千万円が、議員本人の政治団体に寄付されていた。25人中8人は寄付が80%以上で、うち3人は90%を超えていた」と書いてあり、総額の64%に匹敵する1億8000万円が本人の政治団体に寄付されていると報告。

しかも、8人の議員が80%以上を寄付している状態で、自分たちは受け取っていないような感じでアピールしながら、実際には寄付で回している実態が浮き彫りになりました。

維新の上層部が何処まで把握しているのかは不明ですが、議員本人の政治団体への寄付を認める内規を作っていることから、ある程度は把握しているのだと思われます。
今も変わっていない可能性が高く、文書通信交通滞在費が寄付を含めて、何処に使われているのか調査する必要がありそうです。

 

領収証いらない月100万円 国会議員、何に使うの?
https://www.asahi.com/articles/ASKDL3JZSKDLUTIL00Y.html

16年分の維新の衆参両院議員25人(前職を含む)の使途報告書を朝日新聞が分析した。その結果、前年からの繰り越しを含む総額2億8千万円のうち、64%にあたる1億8千万円が、議員本人の政治団体に寄付されていた。25人中8人は寄付が80%以上で、うち3人は90%を超えていた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!