新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

オミクロン株、イギリスで市中感染か!?渡航歴のない6人感染報告 専門家「主要な変異株の悪いところを総取りした」


*BBC
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染報告が拡大しています。

BBCはイギリス北部のスコットランドで市中感染と見られる6人の感染症例があったと報道し、中には外国渡航歴が無い人も居たと発表されています。イギリスだと初の市中感染になると見られ、既にかなりの速度で感染が広がっている可能性が高いです。

オミクロン株について専門家からは「主要な変異株の悪いところを総取りした」と言われているほどで、実際に変異部分だけでも30以上と多く、感染力の増大や免疫回避能力など驚異的な変異をしているのではないかと分析されています。
デルタ株やアルファ株の特徴も持ち合わせているオミクロン株、その驚異的な感染力は廊下を挟んだ向かい部屋に居た人にも感染させてしまうほどで、これまでの変異株とは別格の感染力を持っているのです。

感染者を最初に診察した南アフリカ医師会のアンジェリーク・クッツェー会長は「診察した30代などの患者はいずれも極めて症状が軽い」と語っていましたが、若い年齢の世代が多い南アフリカだからこそ軽い症状が多かったと推測され、現時点でオミクロン株を軽視するのは極めて危険だと言えるでしょう。
*地震や台風と同じように最悪の事態を想定して動くのが疫病対策や災害対応の基本である

 

オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘
https://www.sankei.com/article/20211129-VVSSF2LRU5NV7E6RAVG7A67VFA/

オミクロン株は、ヒトの細胞への感染の足掛かりとなる突起状の「スパイクタンパク質」に約30カ所の変異を持つ。これまで検出された変異株の中で最も多様な変異がある。世界中で広まったデルタ株やアルファ株などの特徴である「K417N」「T478K」「N501Y」などの変異があり、東京農工大の水谷哲也教授(ウイルス学)は「これまでの主要な変異株の悪いところを総取りしたような変異株だ」と指摘する。

オミクロン株、今のところは「症状は非常に軽い」 患者を診察した南アフリカの医師
https://www.bbc.com/japanese/video-59455930

南アフリカで検出された新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」の感染者が、イギリスやドイツ、ベルギーなどで確認されている。
こうした中、オミクロン株の感染者を最初に診察した南アフリカ医師会のアンジェリーク・クッツェー会長が、BBCのアンドリュー・マー司会者とのインタビューに応じた。
クッツェー氏は、これまでに診察した30代などの患者はいずれも「極めて症状が軽い」と語った。

オミクロン株の感染者、英スコットランドでも6人 30日からイングランドで規制強化
https://www.bbc.com/japanese/59455940

南アフリカで検出された新型コロナウイルスの新しい変異株「B.1.1.529」(オミクロン株)についてイギリスで28日、国内3人目の感染者が確認された。29日には北部スコットランドで6人が確認された。一部の人は外国渡航歴がなく、地元で市中感染した様子という。

英健康安全庁(UKHSA)によると、イギリスで確認された3人目の感染者はすでに国外に出ているものの、英議会などがあるロンドン中心部のウェストミンスターを訪れていたという。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!