新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

数年に一度の大寒波、群馬で約150センチの積雪観測!福島や新潟でも100センチ超が相次ぐ!JR仙山線で倒木が列車に衝突


*SNS@_wkks
数年に一度の大寒波で記録的な積雪を各地で観測しています。

気象庁とNHKのまとめでは、12月28日午前の段階で群馬県のみなかみ町藤原の積雪量が150センチを突破し、福島県の桧枝岐村でも143センチ、新潟県津南町で138センチと1メートル以上の積雪を観測する地点が続出。
乗用車サイズの車だと天井までスッポリと雪に埋まるほどで、立ち往生や交通渋滞も各地で多発しています。

山形市の高瀬駅と山寺駅の間でJR仙山線の普通列車が倒木に衝突、その影響で停電も発生中です。
JR仙山線は仙台市の愛子駅から山形市の山形駅の間の上下線で運転を見合わせ、現在は復旧作業を急いでいます。

12月30日から全国的に再び寒気が強まる見通しで、年末年始も大雪や厳しい寒さが続くことになりそうです。

 

大雪に対する国土交通省緊急発表
https://www.jma.go.jp/jma/press/2112/24b/2021122415.html


国土交通省は、12月25日から28日頃の日本海側の大雪等に備え、下記のとおり、ドライバー等の皆様への呼びかけについてお知らせします。

日本の上空に強い寒気が流れ込み、日本付近は25日から28日頃にかけて強い冬型の気圧配置となる見込みです。
25日から28日頃にかけて、北日本から西日本の日本海側を中心に荒れた天気や大雪となるおそれがあります。また、太平洋側でも山地を中心に大雪となり、平地でも積雪となるところがあるおそれもあります。
過去にも大雪による車両の立ち往生が発生していることから、十分に警戒してください。大雪の場合は、不要不急の外出を控えてください。

JR仙山線 雪の重みで倒木 列車に衝突 一部で運転見合わせ 山形
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211228/k10013407221000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

28日午前9時すぎ、山形市でJR仙山線の普通列車が倒木に衝突し、停電も発生したことから上下線の一部区間で運転を見合わせています。
JRによりますと、降り積もった雪の重みで倒木が起きて送電線に接触したとみられ、けが人はいないということです。

東北日本海側 新潟 関東北部 積雪増 交通影響など警戒を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211228/k10013406751000.html

数年に一度クラスの強い寒気が流れ込んでいる影響で、東北の日本海側や新潟県、関東北部などで積雪が増えています。
昼前にかけて雪が強まる地域もある見込みで、大雪となっている地域では、交通への影響に警戒するとともに、着雪による停電や落雪、それに除雪作業中の事故にも十分注意をして下さい。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!